こんにちは株式会社ミンタメの野田智宣です。

最近ようやく暑くなってきましたね。暑いのが好きな方にとってはたまらない夏がやってきます。
ただ気になるのが日焼け!! 肌によくないし、シミの原因にるかも。
これからの季節、特に女性は毎日使用される日焼け止めの成分って何なんでしょう?安全なのでしょうか?

日焼け止めは紫外線反射剤や紫外線吸収剤が配合されていて紫外線から肌を守ります。
その配合物は酸化チタンや酸化亜鉛が代表的でいずれも発がん性物質です!!
更に多くの化粧品に含まれている界面活性剤が、この発がん性物質を細胞奥深くまで浸透させる役割をしています。
「オキシベンゾン」という化学物質は、皮膚がんの原因となる非常に危険な有害化学物質と言われているので要注意です。
(何故か毒性があっても微量~%なら使用を認可されているんですね)

また、紫外線を遮断することで太陽光で得られるはずのビタミンDが生成できずに不足してしまうんです。

自分が使っている日焼け止めのにどんな成分が使われているか考えたことはありますか?
成分表示を確認したことはありますか?
残念ながら、テレビなどで広告され、薬局で売っている安全と信じている日焼け止めのほとんどが合成化学薬品のかたまりだったんですね。

★安全な日焼け止めをお探しの方は下記URLから
http://mintame.com/contact

★健康の悩み相談は下記URLから(何でも受け付けます)
http://mintame.com/heartgramjp/health